初心者が考える「メンズファッション」

帽子

スーツを着こなした方の帽子と言えば、キャップ(cap)ではなくハット(hat)のほうです。

帽子について

最近では、スーツにハットというのは見かけることは少なくなりました。外国でもあまりないように感じます。そこで、今回は、キャップの方も考えていこうと思っています。

ハット

普通、スーツ姿の方が帽子と言えば、縁のある帽子、つまりハットの方を指します。今の外国映画でもスーツ姿にハットをかぶっているのは見ることもあると思います。最近の日本ではハットをかぶることは少ないと思います。最近では女性のほうが多いと思います。

しかし、映画で見たことないでしょうか。いかにも「じぇんとるまん」という方が帽子をかぶって室内に入ったとたんすっと脱ぐ姿、結構さまになっていませんか?基本的に日本では、ずっと昔、安土桃山時代にハットがあり、それは宣教師によって持たされたとも言われていますが、やはりというべきか、あまりなじみがないため、急な広がりはしなかったと言えます。逆に、流行った時代は、明治以後でしょう。

明治時代に長い鎖国の時代が終わり、その後、西洋の影響を受けて帽子は男性にあっという間に増えていきました。明治時代の服装を調べてみるとそのことは良く分かります。

俗に言う中折れ帽は山の部分がへこんでいるもので、これが今の流行のようです。もともと、帽子はフォーマルな場面で使われていたようですが、それだけに、スーツにハットはある意味、王道的なものです。最近でも、ファションに詳しいという男性に人気があるようで、紳士的なイメージのハットをかぶり、改まった服装をする際に、かなりさまになるために更に増えていくのではないでしょうか。

最近では、このハットの場合は、中折れ帽でつばの小さいタイプが今の傾向らしく、いろんなスタイリングに合わせると事ができる思います。ハットは、スーツを着た方を更に押し上げるアイテムなので、オススメできます。しかし、人によって合う、合わないの大きなものなので、買う際は、実際にかぶって、鏡を見て判断するようにしましょう。中には、ハットを薄毛隠しとして常につけている人もいるようですが、根本的な解決をする為には頭皮マッサージや発毛シャンプーなどの対策を忘れずに!帽子を24時間つけている方が頭皮が蒸れてしまい、余分な皮脂を出すそうですよ!

キャップ

帽子と言われるとハットを思い出すよりも先に、キャップの方を咲きに思い出す方がほとんどだと思います。特にキャップは、野球などのファンの間でも多く使用されていますし、アメカジの間ではファッションの1つとなっているようです。

現在でも、男女問わず使いやすく、そんなかしこまった場所で使うこともないのですが、もともと身分の低い方に使用されていたそうですが、今ではスポーツでも、ファッションとしてキャップを集めている方もいるかもしれませんし、集めてもいないのに、自分の家にいくつもあるという方もいるかもしれません。今では、流行としては、ハットの下火になっているかもしれませんが、使用頻度は断然、キャップの方が多いと思います。

このキャップには、宣伝にも使われ、有名なのは野球チームの宣伝です。他にも某ハンバーガや販売促進のために非売品として配布したり、限定的に販売したものもあるそうです。そのような、非売品や限定品はコレクターの間では、手に入りにくいことから、希少価値が高いものもあります。

キャップは基本的に、高いものでは、1万を超えるものもありますが、基本的に5千円ほどあれば、なかなかの物を購入することができると思います。どんなレア物でも、スーツ1着を超えるものは極稀ですので、コレクションとしても、ファッションとしても結構人気です。気軽に買えるファションとして取り入れてみてはどうでしょうか?

若者に人気のエヴィス・HOUSTONヒューストンやdiesel、アバクロなどのキャップも人気ですよね。diesel・アバクロをかぶっている人を見るとオシャレだなと感じてしまう時もあります。でも、エヴィス・HOUSTONヒューストンやdiesel、アバクロのキャップが服装と合っていなければ格好良さがかなり下がってしまいます。やはり人気だけで選ぶのではなく、服装と合っているかも考えないといけないですね。

おすすめWEBサイト 5選

北千住で人気の脱毛サロンランキング
太陽光発電 横浜