初心者が考える「メンズファッション」

ファッション誌の活用

「大人」の男性を目指すなら、男性のためのファッション誌を活用するのもいいかもしれません。

男性ファッション誌の活用

男性でファッションに興味は会っても、男性ファッション誌を見続ける人というのはあまりいないと思います。基本的には、パラパラとめくり、いいと思うものがあったらチェックをつけていき、見終わったら買うかどうか検討して終わり。という感じで、人や雑誌の厚さなどによっても変わってくるでしょうが、小1時間ほどで終わるのではないでしょうか?一方、女性は結構長い時間同じページにいます。この辺は女性に聞いてみないと分かりませんが、それだけお洒落に興味が高いということでしょうかね。

管理人「インタビューしてみましょう。あのー、すみません」
仮名Aさん「・・・・・」
管理人「(あれ?よし、もう一度)あのー、すみません」
Aさん「・・・・・・」

折込チラシなんかもどうやら聞こえていないようです。これではインタビューのしようがありませんから、またの機会にしましょう。

では、本題に戻って、男性ファッション誌の活用方法について話していきましょう。基本的にファッション誌は、対象が男性でも女性でも、モデルが商品となる服を着ているというのが多いはずです。これは着た時にどういう感じになるかを紹介するためでしょうが、はっきり言って、身長も体重も体型も違っているのに、あんまり参考にはならないと思います。体型が似ているなら、かなり参考になると思いますが、それでも、その人に似合う色というのがありますので、ちょっとなぁ〜というのがあります。

また、モデルは基本的に、かっこいい方やキレイな方、かわいい方などを選ばれるので、あなたがモデルレベルにかっこいいとしても、そのイメージになるかどうかは、着た後にしかわかりません。じゃあどうするか。基本的には、真似するのが一番ですが、雑誌の量を間違えないでください。いろんな方面からの雑誌を探し、そこから似ている服を集めて、同じように着てみましょう。

雑誌の量を多くする理由としては、同じ雑誌だと、大抵の場合同じような雰囲気を持たせるように、コーディネートする可能性が高いためです。その分、組合せや選択肢が狭まってしまい、それがあなたには、イマイチに合わないコーディネートだとすると何の意味も持たなくなります。ですから、雑誌を多く使って、同じようなコーディネートで似合うどうか着てみるのです。

その後、鏡を見るなどして、似合っているかどうかを考えてみましょう。できたら姉や妹がいたらいいでしょう。姉はあなたより年上でしょうから、ファッションに関してはいろいろ見てきたでしょうし、あなたのことを見てきたのですから、的確なアドバイスをくれるでしょう。妹だとしても、ファッションには男性よりも興味あるでしょうから、たぶん率直な感想をくれると思います。

すなわち「似合う(イケてる)」か「似合わない(ダサい)」かです(笑)。

また、この手の雑誌は、今の流行を知るのにも便利です。今のところメディアの影響が強く、テレビの有名人が着ていたようなものを真似したがる傾向にありますし、モデルが着ているようなものは、すぐに流行しやすいのです。そのため、流行はあっという間に広がり、数ヶ月もするとすぐに廃れます。特に地域になればなるほど、流行も遅れます。雑誌などで今の流行を見ていくのも重要になってくるのです。
そのいい例として、ミリタリーファッションはUSセレブの間でラフに着こなせると話題になり、日本でも米軍グッズとファッションで専門誌も発売するほどの人気に…。ミリタリーアイテムを通販で探しても膨大な量がヒットします。が、一歩そとを見渡すと地方で完全な米軍コスプレになっている人を見かけて、何ともいえない気持ちになるのは私だけでしょうか?

ここまで、雑誌が活用できるようになったら、あなたも、「似合う(イケてる)」が理解できるようになっていると考えてもいいのではないでしょうか。流行を知ることも「大人」の男性には必要な情報となるはずです。

注目サイト

東京にある声優養成所の口コミ